初心者におすすめのパン型 失敗しにくいパン型からチャレンジ!

カテゴリー別 記事一覧

パン作りを始めると欲しくなってくるのが「型」です。様々な種類の物が売っていて、迷っていませんか?

ここでは、初心者の方でも使いやすいパン型をご紹介します。

スポンサーリンク

初心者の方におすすめのパン型

パン作りで型を使うとグンと見栄えがよくなり、作れるパンも増えてきます。私が実際にパン教室をしていて、初めての方でも使いやすく、またリピートしやすい型をご紹介します。

プリンカップ

 

 

私がレッスンの基礎クラスでよく使用していた型です。プリンカップに丸めたパンを入れて焼くと、型に触れている側面と底の部分は熱が優しく伝わるのでとても柔らかく仕上がります。

また形も綺麗にそろいますのでお勧めです。丸めたパンだけでなく、パン生地を器のようにして中央に具材を入れたい時なども、平たく伸ばした生地を型に添わせて入れて焼くことが出来ます。

クリームなど、柔らかい副材料を生地の中に包みたい時などもプリンカップはとても役に立ちます。クリームをパン生地で包み、綴じ目を下にして入れることで型と綴じ目が密着しますので、焼いた後にクリームがはみ出る心配がありません。

ただ、一つだけ注意点があります。プリンカップに直接パン生地を入れるとくっついて取れなくなってしまいますので、必ずアルミカップを敷いてから使ってください。

 

 IFトレー丸

 

こちらのIFトレーは先ほどご紹介したプリンカップと使い方はよく似ています。プリンカップは丸に近い形のパンを焼きたい時に使用します。こちらのIFトレーはあまり高さは出さず焼きたい時に使います。

ご紹介しているIFトレーは丸ですが、他にも沢山の形があります。初心者の型はまず丸の形がベストです。複雑な形は思った以上に失敗しやすいので、まずは丸の形から挑戦してみましょう。

IFトレーは型に軽くオイルスプレーなどを塗布しておくと簡単に型からはずすことができますが、油を敷くことに抵抗のある方はプリンカップと同様にアルミカップを使用してください。アルミカップを平たくして、IFトレーに沿わせると綺麗に使えますよ。

金属型のように空焼きも不要、生地がこびりつくことなくストレスフリーなのが新IFトレーの特徴です。

エンゼル型

 

エンゼル型は、丸めたパンを並べて焼くことでとても可愛いパンを作ることが出来ます。小型パンでなく大きいパンを焼きたい!という方にはピッタリです。成形は丸めるだけ!ですので、初心者の方でも挑戦しやすいですね。

この型はアルミですので、パンを並べる前には必ず油を敷いてから使用してください。

慣れてくると、色んな応用が出来ますので長く使える型です。

スクエア型

 

スクエア型は、ちぎりパンブームでご存じの方も多いと思います。小さく丸めたパンを並べて焼きます。見た目も可愛く女性に人気のある型です。

エンゼル型同様に、丸めて型に入れるだけですので、こちらも初心者の方でも挑戦しやすいですね。

ただし、パンの生地量が多いために捏ねる量も多くなります。全く初めての方で手捏ねで作ろうと思うと少し大変かもしれません。ある程度、捏ねに慣れておられる方か、ニーダーやホームベーカリーで捏ねて作る方が綺麗に焼けます。

手捏ねに慣れておられる方は、全く問題ありません。

丸めたパンを並べるのもよし、クルクル巻いた生地を沢山並べてもよし、使い方は沢山あります。

食パン型

 

食パン型は、今までご紹介してきた中では一番難易度が高い型になりますが、パン作りを初めて、みなさんいつかは食パンを焼きたい!と思われるのではないでしょうか。

レッスンに来てくださっていた生徒様の中でもご自宅で作られている最も多いパンが食パンでした。

多少のコツがいりますので、全く初めて!という型には、難しいと思います。ですが、パン作りに慣れてきたころに是非チャレンジしてほしいです。食パンは飽きのこないパンの一つです。長く使える型としてご紹介しました。

まとめ

パンの型は、いまや大量にあり、どれもこれも欲しくなってしまうものです。ですが、初めはパンの成形が難しくない物からチャレンジするのが長く続けるコツですので、凝った成形をしなくても使えそうな型を選ぶといいでしょう。

みなさんのパン作りが更に楽しくなりますように!

スポンサーリンク 

コメント

  1. […] 初心者におすすめのパン型 失敗しにくいパン型からチャレンジ! […]

  2. […] 初心者におすすめのパン型 失敗しにくいパン型からチャレンジ! […]

タイトルとURLをコピーしました