パン作りを楽にする!パン材料の保存方法

パン作りを作ろうと思い立った時、ちょっと面倒に感じるのが材料を出してくる作業。これを少しでも楽にするために私は冷蔵庫にまとめて保存しています。実際にどんな感じに保存しているのかご紹介します。

スポンサーリンク

パン作りを楽にする材料の保存方法

冷蔵庫にパン材料の保存場所を作る

冷蔵庫に100均で購入したカゴに、材料を一つにまとめています。

カゴの中はこんな感じになっています。

イースト、塩、砂糖、スキムミルク、バターとショートニング

スキムミルクはイーストと同じ入れ物に入れているので、重ねてあります。

パン作りに必ず必要な材料達を一つにまとめ、冷蔵庫へ。砂糖や塩は一度に多くは使用しないので、小さい入れ物で密閉される容器を選びました。

こうしておくことで、パンを作ろう!と思った時にこのカゴをさっと冷蔵庫から一度出すだけで、色々なところから材料をとってくる必要が無い為、とても楽です!

強力粉はさすがに一つにまとめられないので、単独で保存していますが、冷蔵庫に余裕がある場合は隣に強力粉を置いてもいいですね。

スポンサーリンク

常温は避けて

イーストやスキムミルクは、冷蔵保存が望ましい為、他の材料もまとめて冷蔵庫で保存しましょう。冷蔵庫がいっぱいで場所が取れない・・・という場合には、冷蔵物のみ(イースト、スキムミルク、バターやショートニング)だけでも一つにまとめておくといいでしょう。

砂糖や塩、スキムミルクは湿気に弱いので密閉度の高い容器がお勧めです。

おススメの密閉容器 スナップウェアー

塩や砂糖を入れている容器。もう5年も前に購入し使い続けていますが、今現在も湿気ることなく大活躍してくれています。私が使っている蓋が白いタイプはもう販売されていないのか、色々探してみましたが見つかりませんでした。今は以前の物が進化し新しいスナップウェアーが登場しているようなのでそちらをご紹介します。

 

大きさは色々あります。300ml、500ml、1.1L、1.4L 私は300mlの物がパン材料には使いやすく重宝しています。イーストとスキムミルクはタッパーに入れていますが、レッスンの時はこの容器が使いやすかたったのですが、自分用に使うなら同じ容器で統一した方が収納率もUPするので全て同じ容器に入れて、上から見て何が入っているかわかるようにラベリングしておくのがお勧めです。

ー関連記事ー

パン作りの発酵方法 膨らまない時の対処法 発酵のコツは?
パン作りでみなさん悩まれ、質問の多いのがパン生地が膨らまないという悩みです。 または発酵が上手く出来ない、という質問もとても多いです。ここでは自宅で発酵する上でのポイントをご説明します。 スポンサーリンク  ...
パン作り 強力粉と薄力粉の違い 薄力粉を使う場合はどんな時?
パン作りでの粉選びはとても重要です。 強力粉だけを使うレシピがほとんどですが、パンの種類によっては薄力粉を混ぜることもあります。 どんな時に薄力粉を混ぜるのか、私がレシピ開発をしていて感じたことをご説明します。 スポンサ...
パン作りに必要な材料 パン作りの基本
パン作りには様々な材料が必要になりますが、材料をあらかじめ揃えておくことで、スムーズにパン作りができます。 ここでは、パン作りに必要な材料をご説明します。 スポンサーリンク (adsbygoogle = w...

スポンサーリンク

コメント

  1. […] パン作りを楽にする!パン材料の保存方法 […]

  2. […] パン作りを楽にする!パン材料の保存方法 […]

  3. […] パン作りを楽にする!パン材料の保存方法 […]

タイトルとURLをコピーしました