パン作りの材料 パン教室で使っていたおすすめの強力粉 

パン作りの材料

パン作りで必ず使用する強力粉。種類も豊富でどれを使ったらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?

長年パン教室で使ってきたおススメの強力粉をご紹介します。

スポンサーリンク 

パン作りでおすすめの強力粉

パンを作る上で、強力粉選びはとても重要です。

強力粉を変えるだけで、パンの味は劇的に変わります。

焼きあがった時だけでなく、冷めてからもしくは次の日にも違いが出ます。

私が主催していた教室で使っていた強力粉をご紹介します。

はるゆたかブレンドがお勧め!

私は長年「はるゆたかブレンド」という粉を使っています。

はるゆたかブレンドは、国産の粉です。

なぜこの粉を使っているかというと、パン教室での生徒さんの反応がよかったからです。

はるゆたかブレンドを使ってレッスンしていると特に美味しい!

同じ粉を使いたい!という声が多かったのが一番の理由です。

美味しいという声と、国産の粉の中では扱いやすい粉であること、そしてしっとりもっちり仕上がるためです。

国産と外国産の違い

強力粉には国産、外国産のものがありますが、国産の粉はもっちりとした仕上がり、外国産の粉はサックリ軽い仕上がりになります。

ボリュームは外国産の方が出ます。国産は少しボリュームにかける物が多いです。

味は国産、外国産の中でもそれぞれ違いがあります。

それを確かめるには焼きたての状態より冷めて(できれば翌日)から試食してみると、違いがよくわかります。

粉の味がしっかり出るもの、甘味のあるもの、それぞれです。これは好みで自分の好きな味の粉を使うのがベストです。

「はるゆたかブレンド」は、甘味があり小麦の味がしっかりしています。冷めてからの味が特に美味しいです。

パン教室でも冷めてからでも美味しいと評判でした。

スポンサーリンク 

粉によって水分量が変わる

粉が吸う水分の量も、かなりの差があります。

同じレシピで作っても、粉が違うと捏ねている段階から生地が固いな・・・もしくは柔らかいなと感じることがあります。それくらい粉は水分を吸う量が違います。

レシピにどの粉を使用しているか書いてあればよいのですが、記載のないものもあります。

どの強力粉を使っているか記載のないレシピでは、特に初心者の方は上手くいかないことが多いでしょう。

初心者の方はどの粉を使っているか書いてあるレシピを参考にパン作りを始めてください。

パン作り慣れるまではレシピ通りの粉を使用すると失敗も少なくなります。

どの粉を使っているか書いてある場合は、その粉を用意して作りましょう。

粉の違い(水分量やボリュームの出方)がわかるようになれば自分の好きな粉でアレンジすることもできるようになりますので、慣れるまでは指定された粉を使用してください。

パンに特化した国産強力粉が出ています

国産の強力粉は人気がありますが、膨らみがイマイチ・・・という声もあるようです。確かに外国産に比べるとボリュームが出にくいです。

※注意 国産が膨らまないというわけではありません!もっちりと密度が高くなります。

そんな声に応えるかのように、国産で外国産に負けないボリュームが出る粉が発売されています。

「ゆめちから」という粉です。

 

「ゆめちから100」と「ゆめちからブレンド」という粉の2種類の粉がありますが、ブレンドの方が扱いやすい粉に調整されています。

ゆめちから100の方がよく膨らみますが水分量の調整が初心者には難しいかな、と思います。まずはブレンドで作ってみて慣れてきたら100を使うといいですよ。

まとめ

強力粉はパンの食感、味、そして作っている工程でも大きく影響してきます。

はじめは、指定された強力粉を使って作ることをお勧めしていますが、自分に合った粉を見つけることも楽しみの一つです。

強力粉の食べ比べセットも販売されているので、どんな粉がどんな味がするのか作ってみるのもいいですね。

 

強力粉選びに迷ったら、まずははるゆたかブレンドを使ってみてください。この粉は水分を吸いやすい粉ですので、捏ねる段階で比較的扱いやすいです。

味は私が教室で長年使用してきたほど、ファンが多いです。

是非、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク 

 

タイトルとURLをコピーしました