【低温発酵パンだから簡単】まずは作ってみよう!基本の丸パン【レシピ動画あり】

パンレシピ 難易度☆☆★

「低温発酵」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、実はとっても簡単で、初めてパンを作る方にオススメの作り方です。

生地を捏ねる時間が短く、冷蔵庫で長時間発酵させることでグルテンを強化させますので、捏ねの見極めは必要ありません! 冷蔵庫で休ませておけば生地は完成します。

冷蔵庫で発酵させる時間は、8時間~12時間が目安です。前日の夜に生地を作っておくと、翌日は分割するところから始められます。日をまたぎたくない場合は、朝に生地の仕込みをしておいて、夕方に焼き夕食に焼きたてを出すということも可能です。

今回ご紹介する丸パンは、牛乳・卵・油脂が不要でとっても簡単にできますので、是非作ってみてくださいね。

材料 6個分

  • 強力粉 200g
  • イースト 2g
  • 砂糖 15g
  • 塩 4g
  • 水 134g

【水の温度】低温発酵パンですので、お水は常温を使用します。冬はちょっと温かいかな?くらいでOK。冬は冷たい水を使うと発酵が上手くいかないことがあります。

作り方

パン生地を作る

①ボウルに、強力粉・イースト・塩・砂糖を計り、水は別容器に計っておく。

②ボウルの粉を混ぜて、中央に凹みを作り、水を2,3回に分けて入れて混ぜる。

③ひとかたまりになったら、ボウルの中で2分間捏ねる。

折りたたんで、上から押さえるようにすると捏ねやすいです。

④2分経ったら、ボウルの中で30回叩く。

⑤タッパーなどにいれ冷蔵庫で発酵する。※乾燥しないように蓋をしておきましょう。

一次発酵

冷蔵庫で8時間~12時間 発酵させる。

※生地が2倍になるまで。

生地を室温に戻す

生地が2倍くらいに膨らんだら、室温に30分~1時間出しておく。※タッパーに入れたまま、蓋をして置いておく。

分割・丸め

生地が常温にもどったら、6個に分割して丸める。

ベンチタイム

15分ベンチタイムをとります。

丸めた生地を常温においておきます。乾燥しないようにラップ等をかけておきましょう。

※ベンチタイムは、発酵が目的ではなく、生地を休ませることが目的なので、15分常温で休ませればOK。

成型

①生地と台に打ち粉をしておく。

②綴じ目を下にして手のひらで押さえて平らにする。

③綺麗な面を出すように、数回折ってから丸め、とじ目をしっかりとじておく。

※生地の表面が綺麗に張らせると仕上がりが綺麗になります。

④クッキングシートを敷いた天板に並べて、二次発酵する。

二次発酵

生地が1.5倍に膨らんだらOK!【時間の目安 35℃ 50分~60分】

仕上げ

パンの表面に強力粉を振り掛ける。

焼成

予熱しておいたオーブンで190℃ 10分~12分焼く。

出来上がり!

ポイント

■強力粉は、クオリテを使用しています。(スーパーなどで購入できます)

■一次発酵後、生地がベタつく場合は、打ち粉(強力粉)を使用すると作業しやすくなります。

■焼成は、各ご家庭のオーブンによって焼き色のつき具合など異なるので、焼き色が薄いなと感じたら温度を上げてみてください。

【YouTubeでも作り方を解説しています。捏ね方や成型の仕方などが詳しく見れます】

動画では、前日の夜に生地の仕込みをして、翌日に焼き上げる方法をとっています。

是非、参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました