レモンパン <レシピ>

レモンの香りが爽やかな夏のパンです。冷蔵庫で一次発酵をとることで生地も扱いやすくなります。シンプルに丸パンにしても美味しいですよ。

スポンサーリンク

レモンパン

材料

■パン生地■ 2個分

  • 強力粉(はるゆたかブレンド) 150g
  • イースト 2g
  • 砂糖 9g
  • 塩 2g
  • 無塩バター 21g
  • 牛乳(冬場は30℃くらいに温める) 98g
  • レモンピール 30g

■フィリング■

  • レモンピール 60g

作り方

①パン生地をホームベーカリー生地コースで捏ねる

☆捏ね時間☆バター以外を2分→バターを投入し5分

※手捏ねの場合は、バター以外を1~2分捏ね→バターを入れて2分捏ねる。

タッパーに生地を入れ蓋を閉めてから、冷蔵庫で8時間~14時間 発酵させる。

 

②生地が2倍に膨らんだら冷蔵庫から出して、室温に30分~1時間出しておく。※生地が乾燥しないよう蓋をしておいてください。

 

③2個に分割する。

 

④生地を丸めてベンチタイム20分とる。
※ベンチタイムは常温で生地が乾燥しないようにしてください。

 

⑤とじ目を表にして、めん棒で縦長の楕円形に伸ばす。

 

⑥レモンピールを乗せる。

 

⑦上から1/3折る。

 

⑧下から1/3折る。

 

⑨手前に二つ折り。

 

⑩とじ目をしっかり閉じておく。

 

⑪天板に並べて二次発酵60分。

 

⑫パン生地が1.5倍くらいに膨らんだらOK。

 

⑬強力粉を振り、クープを3本入れる。

⑭あらかじめ余熱しておいたオーブンで190℃で20分焼く。

 

出来上がり!

 

レッスンでも登場したレモンパン。レッスンではレモンピールの巻き込みは無く小型でしたが、もっとレモン味を強くしたい時は、どうすればいいですか?というご質問が多かったのでアレンジとして載せました。

生地がベタつく時は、無理せず打ち粉を使いましょう。クープを入れるときは撫でるように優しく入れてくださいね。

 

小型にするとこんな感じに仕上がります(6分割)

これも可愛くて私は好きです♪

ー関連記事ー

パン作り 強力粉と薄力粉の違い 薄力粉を使う場合はどんな時?
パン作りでの粉選びはとても重要です。 強力粉だけを使うレシピがほとんどですが、パンの種類によっては薄力粉を混ぜることもあります。 どんな時に薄力粉を混ぜるのか、私がレシピ開発をしていて感じたことをご説明します。 スポンサ...
パン作りの発酵方法 膨らまない時の対処法 発酵のコツは?
パン作りで最も質問の多いのが、パン生地が膨らまないという質問です。発酵が上手く出来ない・・・。そんな時はどうしたらいいのか。ここでは自宅で発酵する上でのポイントをご説明します。スポンサーリンク  (adsbygoog...
低温発酵パン 翌日に作れない時の対処法
冷蔵庫でゆっくり発酵させる低温発酵パン。低温発酵パンは夜に作っておいて、次の日に分割から作業ができるという利点があります。もし次の日に作業が出来なくなった時はどうすればいいのか?詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

コメント

  1. […] レモンパン <レシピ> […]

タイトルとURLをコピーしました